2011年01月20日

よもやま−ひと、と−

あ、きれいなひと
束ねた黒い髪、真っ赤な口紅
チラリと見たら、話しかけられた
Where is Hachi-ko Place?

ここは東急の伊東屋を出たところで
ハチ公はすぐそこ

このエスカレーターでワンフロアー降りて
右に曲がって左に階段があるからそれを降りて
すぐ右にひとがたくさんいるけど進んで
その真ん中あたりの左手

連れて行ったのは
英語で説明できる自信がなかったから

ひと、ひと、ひと
映画で知ったハチ公を見に来た、という彼女は
私にはもう慣れたこの街の
騒々しさに目を丸くする
つい10分前に初めて会った私たちは
身ぶり手ぶりの英語が、ところどころ通じていない
でも、日本語も通じない
だから、ここは、渋谷じゃなくみえた
なんだか、浮立つ
知らないところにきた、初めての景色だった

またね、とハグして別れた
たぶん、もう、会うことはない

マレーシアから来て
My first winterといっていた彼女に
私は
私がアメリカの街で親切にしてもらったお返しが
少しはできたと思いたい


このセールを利用して、先どりだけど
バレンタイン
彼にコートをプレゼント

何日か前に候補にしていたのは
やはりすぐに買うべしで、この時期は

3軒目に訪れたお店のレディースものは
好みで、よく買っているところ
超えて、奥のメンズコーナーへ
店員さんが来る
背の高い、がっちりなひと
170cmちょいで細めの彼に、と伝えると
お待ち下さい、と
そんな体型の店員さんと戻ってきた

嬉しいやら恥ずかしいやら

170cm店員さんを着せ替え人形にし、決めた
セールのものなのに
丁寧にラッピングをしてくれた

大きな紙袋を肩に下げて、急ぐ理由はないのに
坂道を駆け下りた
明るい夜


いつもより帰宅の遅い私の
重かった、のただいまメールは
お米を買って帰ったよ、の意味で
彼は、22時過ぎ
労いにか、チョコレートケーキを買って帰宅
本当に2月14日みたい


ひとりじゃ知れない温かさ
posted by ミドリ at 23:55| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 'm' there | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

まんまるお月さま

image-20110119195504.png

19時12分、渋谷
スクランブル交差点
ひと、ビル、灯り
まんまるお月さま

誰も空を見上げてない
もったいないな
こんな夜を知らないなんて
posted by ミドリ at 19:56| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 'm' there | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

黄梅

image-20110119183911.png

梅と書くけど、ジャスミンの仲間
だけど、匂いはない
中国では、迎春花と呼ばれるこの花の
英名は、winter flower

黄梅、という漢字も
おうばい、という読み方も
とってもいい

魅力、たっぷり

朝、立ち止まり見上げてしまう
明るい黄色
posted by ミドリ at 18:40| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ミドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

発熱

image-20110117232048.png

いつもより、1℃、高い
posted by ミドリ at 23:22| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ミドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

嵯峨野湯

image-20110118191218.png

京都土産に、一目惚れの手拭いは
ランチをした嵯峨野湯の、オリジナル

ぶらぶら歩きの途中で見つけたここは
元銭湯だったとのことで
なるほど、趣き、たしかに

番台さんがいただろう場所
男湯と女湯の出入り口
高い天井
ラカンや広告の書いてる四角い鏡
お風呂屋さんのにおい

これはと思い、すぐに
銭湯ラバーにメールをする
来月あたりに京都銭湯巡りを計画してるらしく
タイムリーな情報に驚いた、と返信あり

京都の友は、さすがもう、何度か来ていると

あたしは、自力で見つけたんだから
誰に対してでもなく、鼻、高々
posted by ミドリ at 19:12| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 'm' there | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

一泊の帰省

おばあちゃんが、小さく小さくなっていた
形のないものを
それでも食べなくちゃと
口に入れるのを見て
美味しいと感じられるうちは
大いに食べるべしと思う
食べられるのは、それだけでなんと贅沢なこと
東京の可愛い甘いのを
おばあちゃんにまた、持って行きたい

image-20110118184813.png

車折神社から嵐山まで、歩く
山がどんどん、大きくなってくる
そういえば
知らないところを、あっちこっち曲がって
小さな雑貨屋さんを覗いたり
カフェのメニューを見る
目的決めず、下調べもしていない
こうゆう街歩き、久々だ
もともと嵐山は、京都でも特に好きなところ
平日の昼間は
人力車の新人研修をしていたり
川原にただ座っているひとや
商売っ気のないお店さんたち
観光じゃない一面を見て、また、好きになる

門戸厄神へ
阪急電車で宝塚経由
宝塚の街は
通った日々もあったけど
改装前の大劇場の頃のはなし
あの建物がよかったな
と、昔のことを言い出すのは
お姉さんになってる証拠かな
チラホラ、雨と雪の間のものが降ってきた
護摩札を書き、お守りをもらう
両親と妹と、並んだ饅頭を頬張る
駅前のこじゃれたカフェでコーヒーを飲むのは
我が家族らしくなく、可笑しい

今年は
年明けから、いくつもの神社へ行ってるけど
あたしは、たくさんを願ってないから
どうぞ、聞き届けて下さい
と、お願いする前に、努力すべし、と
わかってますとも

ごはんはいつも、好物を用意してくれてる
唐揚げ、角煮、お寿司、苺!
彼が美味しいと気に入った豚のチーズ巻き揚げも
お土産にたっぷりと、母が詰めてくれる

東京は、行くんじゃなくて、帰るところ
だけど、いつも寂しくなる

おかえり
友たちが暖かいことばをくれる大阪も
帰ってくるところ

大切な場所もひとも、たくさんたくさん
posted by ミドリ at 19:10| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 'm' there | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

車折神社

ふだん、信仰心もないのに、神だのみ
だなんて、そりゃあつかましいわ
なのに、いつも、特に去年は
たくさんいろいろ、ありがとう

遅くなったけど、お礼参り
10代の頃から、何度も来ている車折神社

寒い寒い京都
大阪の家からも東京からも
何度も乗換えしなくちゃいけない
最寄駅は無人駅で、1両編成の路面電車
女の子たちのことばに
あ、関西弁だと反応してしまった
あたしだってよく知ってることばなのに

大きくもなく華やかでもないけれど
この清々しさに
ここは、あるべき場所だと思う

まだお昼を少しまわったところ
電車で来て帰ってただけで
ここら辺は知らないところ

いい天気だし、気分もいい
今日は、歩いてみようか

image-20110118165621.png

くたびれたら、休憩して
また、歩いて行ったらいいんやから
posted by ミドリ at 16:37| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 'm' there | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。