2011年01月27日

のむヨーグルト

posted by ミドリ at 16:22| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ミドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

よもやま−時間−

ごはんというのは
なにを、ではなくて
だれと、だと思う

彼と友が飲んでる席におじゃまする
銀座で懐石をごちそうになってきたというのに
チェーンの居酒屋の安酒が美味しくて
あたしは、ここにいれて嬉しい

このひとたちと出会って
もう1年
まだ1年

1年後はどうなってるのかな

未来のこと
考えてもしかたがない
思い通りになんて
絶対にならないって知ってるもん
それは残念だけど
思い通りにならないから、きっと、楽しい
ワクワクして、待っていよう

1年前に、まさか1年後
こんな繋がりになってるなんて
想像だってできなかった

いつの間にか
夢が変わっている
大事なものも変わってる
たぶん、こう、なるべくしてなった

隣りを歩く彼が、なにやら話しかけてくる
ねえ、ちょっと黙ってて
今夜も星がたくさん見えてるよ
彼はチラリと顔を上げて、そうだね、と
相づち打つも、興味なさ気で
すぐに正面むいて、さっきの話を続ける
愉快そうでなにより

酔っ払いの手を繋いで
あたしは空に向いたまま
ぬくぬく帰る
posted by ミドリ at 23:19| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 'm' there | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

よもやま−豆のこと−

豆をもどして煮る、というのは
つい3年ほど前に覚えた

豆好きだったわけではないけれど
食物繊維の豊富さを知り
必要だわ、と
たしか、そんな理由がきっかけ

たっぷりと、水に浸す
弱火にかけて
気長に待つ

塩だけの味
甘くしたりもする
どちらにしても、お茶うけになる

石田千さんの「月と菓子パン」にも
影響、うけた
残念ながらストーブはないけど
マンションの小さな電気調理器で煮て
その気になったり

大なり小なり、いろんな豆を
乾物屋のオヤジと話しながら
選ぶのも楽しい


塩瀬の豆菓子は
前の会社を辞める時
私の豆好きを知った先輩からの
豆友達へのプレゼントとして

塩瀬といえば、豆大福
だから、あえて違うものを
と、言ったのだけど
塩瀬というのをこの時、知った

新橋演舞場の売店にて
豆大福に初対面
ひとりなのに小躍りしてしまった
それから、今でも
歌舞伎鑑賞のお楽しみになってる


彼が引き菓子でいただいたのは
塩瀬の紅白饅頭で、なんと、9個
数の多さも、ひとくちサイズの大きさも嬉しい

真夜中、ガリガリ
コーヒーは豆からに限るし
和菓子にも、よく合う


残ってる冬至の小豆
久しぶりに煮ようかな
posted by ミドリ at 12:15| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ミドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

陽を浴びて

image-20110124191952.png

スイートピーが
こんなに香る花だとは知らず

引き寄せられて、うっとり

陽を浴びて
本来の姿になったのかな
posted by ミドリ at 19:22| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 'm' there | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

コーヒーハウス

image-20110124152416.png

煙草を
吸うのも吸わないのも
自分勝手でいいじゃない

そんな雰囲気だから喫茶店が好き

あたしは、吸わないけど禁煙者じゃない
いちいち分けるの、時と場所により、窮屈

彼はマンガを、あたしは週刊誌
黙々と、読む
ふたりでいるからって
話しをしなくても
こんなに、いい時間
posted by ミドリ at 15:24| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 'm' there | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

ぬくぬく、お福わけ

RAIN ON THE ROOFのランチに
たっぷり辛いチキンカレーで
ゆっくり2時間
1年半ぶりの再会は、話したいこと
聞きたいことも、山盛り
チーズケーキは、なかなか減らず
食後のホットコーヒーが、すっかり冷める

calmeは、真っ白ではない白や茶と、淡い色の
可愛いものだけがあって
狭いお店をぐるぐる、見る
真鍮のスプーンとフォーク
レジに持って行くのを奪い、プレゼントとする

Boulangerie Sudoに寄ったものの
あまりの混みように、入るやいなや出たけれど
食パン柄のエコバッグ、買えばよかったな

世田谷線沿線は、晴れの午後の
ぶらぶら歩きにぴったり

招き猫のお寺、豪徳寺は
猫好きを喜ばせる
お守り
絵馬
塔にも、猫、猫

白梅、紅梅
お墓に大きな烏は、絵になりすぎる

お寺の階段をおりたら
どこかのお家の猫が日向ぼっこをしていた

じゃあ、またね、と
明るいうちに手を振るのは
だって、新婚さんだもの

おめでとう
posted by ミドリ at 18:11| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 'm' there | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

梅酒トニック

image-20110124111259.png

最近のお気に入り

コーヒーとアルコールは
彼の守備範囲
posted by ミドリ at 21:13| 東京 ☁ | TrackBack(0) | ミドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。