2010年12月28日

「悪名の棺」

今年は、いつも以上に本をたくさん読んだ

繰り返して読むものも、わりとある
すぐ出せるとこにおいてるのとか
片付けの時に見つけて、久々に読んだのも

その時によって、感じることが違ったりするのも
本のおもしろいところ

熱心に読んでるのをみると、なんだろう、気になる
電車の中で、ひとの本をチラみしちゃう
変わらず、自分の好きなもの、ってのはあるんだけど
誰かにオススメしてもらって
新しい好きなのをみつけるのも、楽しい

上司に借りたコレ
「悪名の棺」
笹川氏の伝記もの

日本の黒幕、ってふうに聞いたことがあって
あたしは、そうゆう方面には関心ないけど
なんでそうなったのか、ってのは
自分の範疇外で、気にはなる
特に戦後、財をなしたひとのはなしは
同じ国のほんの少し前のことなのに
物語みたいで、ひかれる

さて
これが、今年最後の本になるかな
posted by ミドリ at 23:56| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ミドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。