2011年02月06日

好きな漫画

トーマの心臓(萩尾 望都)

読もう読もうと、枕元においている

オスカルさまー
古本屋で1巻と2巻みつけて、飛びついた
続編も買わなきゃ
あれは、やっぱり持っていたい名作だもん
協議の末
ベルサイユのばら(池田理代子)は
妹宅へ行っちゃったからね

そのかわりに
有閑倶楽部(一条ゆかり)はうちに来てる

いつも、なんでか、手にとるのは
女流作家の著作

小椋冬美と谷川史子は、双璧
posted by ミドリ at 21:47| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ミドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。