2010年08月18日

遠くにいかないでー、美

時間は等しく流れてる、って、確かにその通りで、物理的には

ずいぶん昔、高校生だった頃
ananだかなんだかの雑誌で、美人特集、みたいのがあって

…美人というのは、自分に時間を掛けられるひと

という結論

遅くまで飲んでも、朝シャキッと出勤してくる
ツヤツヤな髪
手入れの行き届いた爪先

とか、いわゆる、努力ができるひと

その頃は
芝居をし始めて、芝居をするひとならキレイが当然と思ってたし
キレイでいたいと思ったし
オシャレなんかも頑張っちゃったりして
新しい化粧品を試したり、髪を巻いたり
あの服をこう着てみようとか
楽しんでた

なるほど
美しさというのは努力
というのが、今頃になってわかる

先ず手を抜くのは化粧だし
伸び放題の髪はバサバサで
爪のこの雑なこと

撮影があるから
髪型を変えられない、ジェルネイルができない
ってのは、完全に言い訳で

見た目じゃないよ、ひとって中身だよ
って知ってるけれど

良く寝良く食べ良い日々でも
怠ってるなあ、とふと、気づいたら
テンション下がる

化粧ノリの悪い日は憂鬱な一日になっちゃうように

こうゆう気持ちは表に現れて
美人ってのから遠ざかるんだろうな

気をつけましょう

やっぱりね、キレイがいいもんね
posted by ミドリ at 23:26| 東京 🌁 | TrackBack(0) | ミドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。