2010年07月24日

眠る日

昼前まで寝て、夕方たっぷり3時間もの昼寝(夕寝)

調布の花火に行こうね、ってつもりにしてたけど
ふたりして、ひたすら寝る

夜、眠れないかなあ、と思ったけれど
今日の日のうちに就寝したい

なんだ、この、睡魔

暑さに立ち向かうには
うん
体力しかないから、ね

では
また
明日
posted by ミドリ at 23:10| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ミドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

うまくいかないことがほとんど

絵なんてうまく描けないことがほんんどですよ
それでもたまに、ほんとにたまーに
あ、いいかな、ってときがあって、ね
ま、そんなもんですよ

デッサンのモデルをしてて聞こえてきた
先生のことば

諦め、とか、そんなマイナスな言い方じゃなくて
うまくいかないことも含めて、絵が好き、みたいな
あたたかい響き

絵のことはわかんないけど

いろんなことすべても同じなんじゃないかな、って
明るい気持ちになった

もうちょっと
まだできるはず

こうゆうのが背中を押してくれるもの、と思うけど

なんでこんなんだろう

落ち込んでしまうことも多い

つい、自分「だけ」が大変みたいに勘違いしちゃって
苦しくなったりするんだけど、ね

自分の小さな世界で答えをださないこと
posted by ミドリ at 22:40| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ミドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

いつかの、本

彼の部屋にあった本を鞄に入れて、出る
電車に乗って、手にとると
ちょうど真ん中あたりに、たたまれた紙がはさんであって

しおりに使ったのかな

見てもいいのか一瞬、迷ったけれど、ぱらり、広げると
大学2年の時の後期の授業の時間割表

さっぱりわからん理系は授業の名前も、暗号のようで
なんの印か、赤ペンでハナマルなんかが書かれてたり
ちょいちょいとメモがある

なんだか、なんというか、得した気分、みたいな

隠された宝物、でもないのに
みーつけたっ
っていうかね

図書館で借りた本
古本屋で買った本
誰かが読んでた本に時々、なにかが書かれてるのをみる時があって
それは
特に、公のもの、売りものだったらよろしくないことだけど
あたしは、にんまりしちゃう

手帳にいれていたある脚本の、一枚を
小さく折って、はさんだ
今日の日を小さく書いて

彼か、あたしか
誰かが見つけるかもしれないし
見つけないかもしれないけど

これってちょっと夢があることだと思わない?

いつかの、本
posted by ミドリ at 23:08| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ミドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

クランクアップ

なんでもそうだけど
終わってみればあっという間
三日だったからほんとうに、あっという間
あや子、クランクアップ

揃った三姉妹andパパ

image-20100722121419.png

劇中にチラリと登場、家族写真

昨夜あがった最終稿は
明るくて可愛らしい終わりになっていて
きっと、劇場を出る時は
にんまり、ほんわかになるんじゃないかな

自分じゃない、気持ち
知らない、世界
それが、醍醐味なんだろうけど、好みってひとそれぞれで
私は
シンプルなのが好き

生きてると、いろんなことがあって
考えて、決めて、ぶつかっていかなくちゃいけなくて
だから
せめて

劇場にいるほんの僅かな時間
難しくならなくていい時間

っちゅうことで、シンプルなのが好き
笑えたら尚よろし

そんな自分好みの映画に参加できたことが
嬉しい

ラストカットを終え
全キャスト、オールアップ

その場で乾杯ビールのなんと、美味しいこと

それから
今日までに撮り終えたカットをつないでくれていた、ラッシュ
というより、ゼロに近い映像を
みーんなでみる

ペタンと床に座って
Macのモニターを囲む

私は、こんな時間を過ごせる仲間が大好きで

素晴らしい出会いにただ、感謝

いつも通りに、自分の芝居の雑さに辟易とする
今回は、超のつく体調不良で、気持ちの面も含めて、弱さにがっくりとして
今さらながら
もっとできたんじゃないか、って思ったけれど

これが今の私だから

糧にして、ちゃんと心に留めて
創作、続けていきましょう

もっともっと、うまくなりたい
posted by ミドリ at 22:51| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 桃内あや子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

梅ジュース

梅酒、つけたよー

って言ったら

梅酵母、つくってるよー

って、薫姉

それから1ヶ月ちょっとの昨日
少しわけてもらって、連れて帰った

暑い暑い今日
ただいまー、って帰って、ソーダで割って
ぐびっと飲む

んまーい!

クエン酸!
これで、明日も、さ、頑張りましょう
posted by ミドリ at 23:55| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ミドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

運ぶ

引っ越しのバイトもしたことないし
背が高いから=力持ち、みたいに思われたりして
演劇部では大道具担当であったのだけど
役立たず

微力?非力?その実はやる気なし?

重たいものを持つのが、苦手なのです

まあ、おそらく、いわゆる女子、ってのは概してそうだと思うんだけど

引っ越し荷物移動の第一弾として

東京をあとにする、薫姉のいろいろなものを、譲っていただくことになり
きんちゃんと、取りに伺う

運ぶ距離は長くなく
ものは多いわけでない
台車もあるし

でも
重いものは、重い

今日は
カンカン照り、って言葉はこの日にある、ってくらいのお天気で

ビール!ビール!!
ひと仕事終えたら、ビール!!!

合い言葉で、運んだよ

うむむ
自力引っ越し

体力、つけなければ
posted by ミドリ at 23:37| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ミドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

よもやま−トウキョウ、かあ−

帰京


渋谷に着いて

愕然としたね

なんだ、この街は

道路の地面の色が白、みたいな、ポイ捨ての数
散乱してるペットボトルとか

朝まで飲んで、の延長の大騒ぎ

さすがに日中ほどのひとではないけど
それでも、この数は、ちょっと異常でしょ

いっそのことスッピンの方がいいくらい
化粧の意味のない顔の女のコたち

なんつうか、ただもう、ここ、めちゃくちゃ

まあ、わかるけどね
あたしもそんな風にしてたし、それは現在進行形かも、だし

友だちと過ごすのは楽しいから

誰にも迷惑、かけてないって思うし

でもさ、仕事、だとわかってるけど
おじいちゃんおばあちゃん世代のひとたちが
ゴミを拾い集めてる

そんなのをみて、なんだこの街は、って、ね

青空だけど、曇ってる

あたしの眉間に皺、よってる

梅雨明けの快晴の真夏日で
好きな空
真っ青に白い大きな雲

部屋から富士山がみえて

あたしはここ、好きなんだけどね
憧れてたんだけどね、東京ってとこに、ずっと

なんかね
東京って、過ごすとこであって暮らすとこじゃない

この気持ちは
帰ってきてすぐのホームシック、なのかしらん
posted by ミドリ at 10:54| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ミドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。