2010年05月09日

よもやま−お昼を過ぎての起床−

明け方まで本を読む
相変わらず、好みは女流作家

「一分間だけ」著:原田マハ
今、好きな作家
結果作家になったってなバックボーンもなんか、いい
「カフーを待ちながら」は未読、先に映画、みちゃうかな
「キネマの神様」が面白くて!
他にもどんどん読みたい

ところで
みんな、ほんと夜型なんだねえ

静かになるから響くのかも
涼しい風で網戸にしてるせいもあるのかも
なにやら音

洗濯まわってる
階上階下のバタバタ

いつも寝てる時、こんな音してんだ

日が長くなったなあ、って最近、感じていたけれど
朝もずいぶん早くに、いつの間にか、来るようになってるね

4時過ぎ、白い明るさ
今日も晴れの、富士山みえる

このまま起きてようか
なんて、無理で
バジルちゃんたちをベランダに出して
布団に潜り込む
いつもだったら起きる時間

花かごが届いたよ、との電話がお昼過ぎ
いつまで寝てるの、なんて言われて、ああ、もう、お母さんってのはいつまでも
なにかと言うんだから

さすがにこのお天気で
なんとなく後ろめたくなっちゃって
もそもそ起床

感涙のせいだろうか
水分の取りすぎ、いや、単に寝相の問題かしらん
目が、超和風
平安時代ならもの凄くモテちゃいそうな、腫れぼったい切れ長
こころなしか、視野狭い

さて、優雅な日曜でした
来週はお休みなしだから
今日はだらだらでよろし
posted by ミドリ at 21:08| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ミドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。