2010年04月23日

描かれる

image-201004113231337.png

たまーに、モデル
渋谷のアートスクールで、デッサンモデル

ひとつのポーズ、ほんの15分程度
この時間の、なんと長いこと

立ったまま、倒れそうになり
座れば、足が痺れ
横になると、寝てしまいそう

みなさんの集中力と
カリカリと響く鉛筆の音


ピリッとした空気は心地よく

創作はいいなあ、と思う

着衣
だけど、描かれるってのは
裸だね
なんつうか、見透かされる気がする

ヌードモデルの経験はないけど
服、着てても着てなくても、同じかもね

描いたものをみせてもらう

先生が、サラッと描いてた
赤の鉛筆で
芸術、だ

性別というより性格なのかも知れないんだけど

ざーっと豪快に、クロッキーをはみ出さんばかりに描くのは
おんなのひとたち

おとこのひとたちは
線細く描いてたな
きっと、絶対、理想も入ってる!
私、こんなにスタイルよくないの、自分でちゃんと知ってる
と言いつつ、嬉しさは隠せない、けど

ほんとうにこれ、私?
うわー、素敵!
アクリルで色をつけた一枚

黒のミニのカジュアルなワンピが
少し青く、少し緑、それが黒の影になって、ドレッシー
髪はふわりと真っ黒で
まつ毛とか丸いお気に入りの大きなピアス
私が好きなとこを知ってるみたいに引き立ててね

初めて会うひとだけど、きっと気が合う、って
確信したよ

なにかをつくるってのは
うん
やっぱ、いいよね

うまいとかなんとか、じゃなくて
こう、くるものがある
なんだろ
それが、つくるってこと、だよね

黙ってモデルしてるだけでも
やっぱり、エネルギー、いるんだ
つくってる仲間のひとり、だもん

って言い訳して
いつも、帰りはドーナツ食べちゃう

ほぼ、真夜中に!
油と砂糖を、吸収!
posted by ミドリ at 23:48| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 'm' there | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。