2010年04月08日

春、フレッシュ、マグノリア

iphone/image-20100498133639.png

フレッシュなひとたちがたくさん

特に男子
スーツの、なんと似合ってないことだ

新卒、って22歳くらいでしょ
こんなに幼かったっけ、22歳って
なんて、思うのは、そっか、私がそんな年齢になってるから、かしら

22歳かあ
23歳だね、今年
私がその時、絶望してたな、世の中にアンド自分にも

とにかく、高校2年の秋
演劇部の先輩が引退してから
上の者、としてふんぞり返り、威張りくさり、調子にのって

だから、体育会系精神はいいことばっかりじゃないんだけど
っていうか、完全に文化部なのに、なんだったんだろう

灼熱の体育館
自由に、楽な体制で座ることは許されず
走り回りの5時間で飲める水は小さなコップに一杯で
たった20文字程度のセリフを3つほど、2時間以上もずっと立ちっぱで、大声で練習
最上級生になるまで学食つかっちゃダメ、なんて、部活に関係ないっつうの

でもね、なにごとにもかえられない青春
今や、大笑い話

一度、上、ってなると、以来、もう、すっかり歳いっちまった気持ちで
ああ、どうしよう、どうしよう、どうなるんだ、私のこれから
みたいな
ピークが23歳

今思えば
視野、狭過ぎ
みえてないことにも気づかず
それが、まあ、若さ、というものだ

ひとは年齢じゃない、とは思ってるけど
年下のみんなをみるとさ、もう、単純に、どいつもこいつも
かわいい

頑張ってね、みたいなさ
大切にしてもらったから、私、先輩たちに恵まれて
だから、つい、同じように応援、なんておこがましいけど
なにか、なにかできないかな、ってお姉さんぶっちゃう

かくいう私、頑張れよ、だけど

iphone/image-20100498133647.png

大好きな、マグノリア

辛夷(こぶし)ってのが、定着な呼び名で、わりと、沿道なんかにある
そのたびに、見惚れ、見上げる

幹のツヤツヤしたとこも
スラッと伸びてて、青空に映えるし
なにより、白でピンクで大きなこの花が好き

マグノリアっていうと、アメリカ南部
アメリカ南部で思い出すのは、暮らしてたミズーリよりもジョージアで
「風と共に去りぬ」

久しぶりにみたくなっちゃた

でも、私、ベストヴィヴィアンは「哀愁」

古典な映画、ずいぶんみてないなあ
posted by ミドリ at 19:37| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ミドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。