2010年03月22日

フランス気分

映画なる連休の最終日、六本木ヒルズへ
フランス映画祭

短編9作品の鑑賞

今、私の毎日がなかなかに充実していて
新しいこと、本読んだりとかもさ、取り組む余力なく
みたい映画の劇場へも、足を運べてない

ひと作品20分程度のプログラムで
これは、いいじゃん
ゆったり
みることができそう

ミニシアターも大好きだけど
短編を大きなスクリーンでみれるのも、嬉しい

お天気、よろしく
ごきげんさんで

なんとなくね
ね、気分からフランス

20100322.jpg

マークシティのJEAN FRANCOISで朝ごはん

バケットサンドをお昼にしたりするんだけど
ここはクロワッサンが大評判
で、私はね、マナンドを
好きなんだあ
サクサクしてるわ、バターだわ、甘いわ、ってので
大満足

それで、うっかり、ゆっくりし過ぎて、慌てて向かう

こうゆう映画祭って、浮かれてる雰囲気がいい
しかも、フランス、ってあるからか、お洒落さんがたくさんいて
目が潤い
ますます浮かれちゃう

うん、もちろん、私もね
明るい色のワンピースと、ハイヒール
ちょっとそんな風にしてのお出掛け、っていいでしょう

プログラムは驚くことに、全部!
ジャンルとしては関心のないアニメーションまでも全部
ナイスな作品だったの、9作品

これは、かなり素晴らしいこと
贅沢なこと

ここでみれて、よかったあ

映画祭でのお楽しみのひとつは
トークショーやらティーチインで

なんで、みんな、帰っちゃうのかなあ
つくり手の話、聞きたくないの?って不思議

海外の方々は、ひと前で話すの、得意だよね
ディレクター業の方もみんな、お話がとまらない
なによりも、伝えたくって、ってのが溢れてる

さて
このどれも素敵な作品たちでの、マイベストは
「7.57 am-pm (7H57 AM-PM)」

実は、映画、ってのに対して、ドキュメンタリーなのは苦手

私は、ことば、はっきり言えば、映画って現実逃避だから、私には

で、この「7.57 am-pm」はね
なんというか
ひとって、先入観でどれだけもったいないことをしてるんだろう
っていうかね

うん
私もほんと、そう

路上で歌ってるひと見たら
うまいのになー、って思っちゃうとこがあるもん

のになー、に続くことばなんていらない

いいものはいい、って
自分に響いてくるものはいい、って
ちゃんと認めたらいいよねえ

フランスには行ったことはないんだけど、なんとなく、向こうの
ヨーロッパの結婚事情とか
ちょっと知ってる

劇場を出て、チラリとみた感じ、大学生、くらいかな、女の子ふたり

「パパとママと息子の繋がりがわかんない、あれ、どうゆうこと」
って話してた

「雨がやむまで(EN ATTENDANT QUE LA PLUIE CESSE)」のふたりの関係について

ああ
そっか
わからないんだ

や、わからないのが悪いとかそうゆうことじゃなくて

お国柄というか、生活習慣とかね
いろいろ、背景、バックボーンね
それがわかんないと、わかんないよね

つくるほうも、受けとるほうも
やっぱり、お勉強、してるに越したことないね
知ってること、多い方がいいね

六本木からの帰りはたいてい、ABC(青山ブックセンター)へふらりと寄って
前のバス停から、バスで渋谷へ

今日もね

バスって乗らないから、それでもう、気分も変わるってもんで
歩いてみる景色と違うしね
しかも、道路も車内も空いてるから、オススメな手段

この3日間で、映画、短編中心といえど、11本みた
プラス1本、つくってる

これはなかなか、やるでしょう

ちょっと、酸欠かも
ぐっすり眠れそう

では、また、明日
posted by ミドリ at 23:54| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 'm' there | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。