2010年02月09日

「飛龍伝 2010ラストプリンセス」

セリフセリフセリフ
久しぶりにつかワールド

とってもよいお席を用意して頂いた
近くに草g君がいて、はじまる前から、興奮

つかさん戯曲は、数多く読んだ
高校の時、図書館で、泣いた、私のベストオブつかこうへい
バージョンアップして
「飛龍伝 2010ラストプリンセス」
新橋演舞場へ

10年前に見た内田有紀ちゃん、格好よかった
真ん中が似合ってた

さて、黒木メイサちゃん
これまた、キレイで、堂々としていて、出ずっぱり、見事

みてるこっちの血管が切れそうな、パワフルな舞台
演者は、大変だろうけど、冥利につきるんではないのかしら

過剰なギャグとか、ウケ狙いなんてのは、どんな作品でも好みじゃない
好きなものならその思いは、なお一層で
この戯曲の持つ力をもっと、なんて思っちゃったけど

テーマが重いから、笑いのシーンもいるのかしら

私にはいらないけど

なにかと
ゆるいのがワタシらしさ、と好きなものを選って過ごしてる日々で
緞帳おりて、肩もふっとおりるけど
引きずって考えちゃう時ってのも必要なのかもしれない

それにしても
学生運動をしていた時代の大学生って、おとな過ぎる!
そして
そんなハードな時代じゃなくて、よかったと、
また、今後こそはちゃんと、肩もふっとおりて
雨降らなくてよかったなあ
夜、暫しの銀座散歩
posted by ミドリ at 23:20| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 'm' there | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。